スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本「赤ちゃんポスト」昨年度は15人預け入れ(読売新聞)

 熊本市は25日、親が育てられない子どもを匿名で託せる慈恵病院(熊本市)の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)に、2009年度1年間で15人(男児6人、女児9人)が預けられたことを明らかにした。

 運用が始まった07年5月からの預け入れは計57人となり、過去3年間では最も少なかった。

 内訳は、生後1か月未満が13人、1か月から1歳未満が1人、就学前の幼児が1人だった。治療が必要な子や虐待の痕跡がある子はいなかった。

 身元を確認できた母親は14人。居住地は関東が5人、九州は3人などで、熊本県内はゼロだった。

 母親の年齢層は10代が3人、20代9人、30代2人。11人が未婚や離婚者だった。預け入れの理由で最も多かったのは「未婚」「世間体など」で各6人。「不倫」と答えた人も3人いた。思い直して引き取ったケースも1件あった。

新卒雇用奨励金を拡充=厚労省(時事通信)
府警免許課職員が 酒気帯び運転容疑(産経新聞)
元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
<公明党>山口代表が民主との連立、閣外協力を否定 (毎日新聞)
国民新・下地氏「首相引責を」 月内に日米不合意で(産経新聞)
スポンサーサイト

【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果(レスポンス)

国土交通省と環境省は7日、6月からの実施が予定されている、一部路線(37路線50区間)での高速道路無料化によるCO2排出量への影響についての試算結果を発表した。

それによると、国土交通省の試算では、CO2総排出量が0.1%減の微減となるのに対し、環境省の試算では0.1%増の微増になるとの正反対の結果が出た。両省では、今回の無料化について「自動車のCO2排出量全体に及ぼす変化はごくわずかで、ほぼ中立である」と歯切れの悪い見解を示し、今後の社会実験を通じて検証していくとした。

両省の試算方法で決定的に異なるのが、無料化によって鉄道など他の交通機関から乗り換える転換交通の見通し試算。

国交省の試算では、「計算手法の詳細が確立されていない」として、新たな自動車利用需要は誘発されないことを前提に、一般道から高速道路への転換に着目した試算を行った結果、CO2排出量は2005年度の排出量に比べ年間25万t減少するとの結果になった。

一方、環境省の試算では、無料化に伴う誘発交通量や鉄道から自動車への転換を考慮して試算した結果、自動車からのCO2排出量は同じく年間33万t増加するとの計算結果が出た。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
【新聞ウォッチ】迷走する高速新料金、値上げ幅見直しへ
「環境問題を文化で解く」フォーラムを開催 5月27日
パイオニア、低燃費ルートを検索できるカーナビ開発
高速道路 無料化 特別編集
国土交通省 特別編集

被害者感情と国民理解を重視=B型肝炎和解、慎重に検討-鳩山首相(時事通信)
<不明>奈良・大峰山系で63歳男性 ヘリでも発見できず(毎日新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ…会見で表明(毎日新聞)
「景観失格」解消…斜陽館前の架線を地中化(読売新聞)
<御柱祭>柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
プロフィール

cretan

Author:cretan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。