スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤公一

この項目では、民主党所属衆議院議員の加藤公一について記述しています。出会いラインキング所属衆議院議員の加藤紘一については「加藤紘一」をご覧ください。衆議院議員加藤公一生年月日1964年4月6日(45歳)出生地東京都ライブチャット・2ショットチャット区神田出身校上智大学理工学部電気電子工学科学位・資格工学士前職株式会社リクルート課長所属委員会法務委員会世襲世襲ではない選出選挙区東京20区当選回数4回所属党派民主党党役職都連選対委員長会館部屋番号衆・第2議員会館707号室ウェブサイト加藤公一オフィシャルページ 表・話・編・歴 加藤公一(クレジットカード現金化 比較こういち、1964年4月6日-)は、民主党所属の衆議院議員(通算4期)。東京20区選出。法務副大臣。政府税制調査会委員。目次1経歴2年譜3政策4政治資金5人物6議員立法7関連項目8脚注[編集]経歴千代田区神田出身。駒場東邦中学校・高等学校を経て上智大学理工学部電気電子工学科卒業後、株式会社クレジットカード現金化 即日に8年間勤務。2000年の第42回衆議院議員総選挙に東京20区から立候補し初当選。2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、小選挙区東京20区で圧勝した。党内では、菅グループに所属。法曹界出身ではないが、党法務副大臣や衆議院法務委員会理事を歴任するなど、法務省関係に強い議員として知られる。[編集]年譜1988年(昭和63年)上智大学理工学部電気電子工学科卒業1988年(クレジットカード現金化 即日63年)株式会社リクルート入社。人事部や就職情報誌の営業を経験した後、30歳で課長に就任した。1996年(平成8年)株式会社リクルートを退社。2000年(平成12年)6月2日第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬し初当選(東京20区)。2003年(平成15年)民主党役員室次長として、菅直人代表を補佐した。2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙で再選(東京20区)。その後、民主党副幹事長、政策調査会副会長などを歴任。2005年(平成17年)9月11日第44回衆議院議員総選挙で3選(比例東京ブロック)。2006年(平成18年)衆議院議院運営委員会の野党次席理事に就任。2009年(平成21年)8月30日第45回衆議院議員総選挙で4選(東京20区)。2009年(平成21年)9月鳩山由紀夫内閣にて法務副大臣に就任。[編集]政策「将来にツケを残さない」、「公正(フェア)な国を創る」、「スジを通す」の3つの理念(加藤は、「3つのこだわり」と呼ぶ)を初当選の当時から掲げている。サラリーマン出身議員として、労働市場政策分野で募集採用における年齢差別の禁止などを主張。文部科学省、外務省が、国家公務員法に違反して年齢差別を行っている事実を厚生労働委員会で国会で追及し是正させたことがある。路上喫煙防止に熱心で「歩きタバコ禁止法」(軽犯罪法の一部を改正する法律案)などの議員立法の提出者となっている。[編集]政治資金民主党若手中では豊富な資金力を誇る。そのため、東京都港区のスーパー経営者が加藤氏が代表を務める政党支部や政治団体に対して法の趣旨に反する寄付をした件(後に誤報と判明)や、東京都内の会社社長が加藤に関連する政治団体対して行った寄付が政治資金規正法の上限を超えた件などが、マスコミで取り上げられたことも。[編集]人物当選直後の臨時国会では1会期での質問主意書の提出数が衆議院第1位を記録する。『現代用語の基礎知識2002』の別冊で、「いまが読める人物ファイル!」に選出された。リクルート退社後の浪人時代、「週刊SPA!」にコラムを連載していたことがある。[編集]議員立法現在までに14本の議員立法の提出者となっている。主なものは、以下のとおり。医療法の一部を改正する法律案〔第15
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

cretan

Author:cretan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。